イラン直輸入ギャッベ専門店 ☆ Carre by Chouette! ☆ オリジナル布製品販売

ギャッベの模様の意味

未来永劫 家族の健康としあわせが未来永劫つづく願い。

山羊/羊 生活を支える山羊や羊はお金に不自由しない財産の象徴。

正方形 井戸を表現、遊牧生活にとって一番大切な水を表す。

生命の樹 地上から神様につながる命を表す。沙漠には大きな樹が少ないため自然への敬意でもある。

(一例) 暖かで過ごしやすい春への憧れ、自然への感謝の意味。

(一例) 夜空に輝く星、自然への感謝の意味。

(一例) 子孫繁栄の意味。自分の子供を織込むこともある。

ジグザグ 川や湖を表す、流れる水への感謝の意味。

V 模様 矢じりを表す、狩りをする男たちの希望や憧れを表す。

狼の足跡 悪い生き物(狼など)に襲われないよう防御の意味。

ケルマック 小さい虫を表す、邪魔なものを入れない魔除けの意味。

トランジ カシュガイ族のアイデンティティを表す。

地面に水平に置かれた刺繍の枠のようないたってシンプルな機に経糸を強く張り、そのギャッベの表面になるパイルを草木染のウールで8の字に絡めて結ぶ。パイルを引き上げると経糸が上下2重になることから"ダブルノット"とも呼ばれ、"ペルシャ結び"はギャッベが始まりとも言われる。横方向に2段結び2本の抑え糸(緯糸)を通し、筬の代わりとなる鉄製の"シャーネ"という櫛のゆな道具で打込んでゆく。
この気の遠くなるような手仕事をイランの遊牧民女性は、家族のしあわせを願って家事の合間にするという、、、、、織り上がったギャッベは家族の住む黒テントの床となる。
その複雑な図案は彼女たちの頭の中にあり、母から娘へ時間を共有することによってその技術とマインドを伝えてゆくのである。
家族のために織られていたギャッベは60年ほど前、若い絨毯商の手によってスイスの貿易商の手に渡り、その素朴な絨毯は"ART"と絶賛されヨーロッパに紹介された。"ギャッベ"="粗い"という意味を持つ絨毯は、芸術性と希少性を見いだされ今に至っている。
 

指先をクリックやスワイプに使うことに明け暮れる私たちの現代生活からすると、なんと素晴らしい手仕事であろうと感動せずにはいられない。しあわせを願い結ばれた糸からは、女性たちの温もりと天日干しされた太陽のパワーを感じるかのごとく優しい気持になるこの不思議な織物に魅せられる現代人は少なくないであろう。 "しあわせを呼ぶ絨毯" そんな別名をもつこの織物を、ぜひ生活に取り入れて頂ければと思います。ここでは、しあわせの図案の意味をご紹介します。

 

Chouette! では「しあわせを呼ぶ絨毯」とも言われている、ギャッベを通信販売にてご紹介しております。様々な意味をもつ模様が入ったギャッベを、ご自宅のインテリアの一つとして取り入れてみてはいかがでしょうか。またプレゼントとしても人気のギャッベを贈る際には、模様の意味をカードに書いてお伝えするのもおすすめです。