イラン直輸入ギャッベ専門店 ☆ Carre by Chouette! ☆ オリジナル布製品販売

ギャッベのお手入れ方法

草木染めによる自然の色合いと、一つひとつ手織りで丁寧に編みこまれることから人気の高いギャッベのご購入をプレゼントやご自身の大切な1枚として考えている方も多いと思います。 そんな世界中の人に好まれているギャッベを長く愛用していくためには、日頃のお手入れが欠かせません。そこでこちらでは、ギャッベのお手入れの仕方やメンテナンス方法についてご紹介します。

 


■日頃のお手入れ

毎日のお手入れとしては、掃除機を毛並みに沿ってかけてホコリやゴミなどを取るだけで十分です。汚れが気になる場合には、水を含ませ固く絞ったタオルで毛流れに沿ってこすらずに汚れを落とすように拭いてください。
また、数ヶ月に一度、風通しの良い所で虫干しや年に一度を目安として位置を変え同じ部分に負担をかけないようにしていただくことをおすすめします。
ラグマットとして愛用していると、間違って紅茶などをこぼしてしまうこともあります。そんな時にはタオルで強く擦るのではなく、汚れた部分の下にタオルなどを敷いて、汚れの上から紅茶と同じ量の水をかけてタオルを被せ、その上から掃除機で汚れを吸い取るかタオルの上で足踏みするなどして、タオルに汚れが移すようにしてお手入れください。それでもシミがのこるようであれば絨毯専用クリーニングをおすすめします。
お問い合わせはこちら

 

イラン絨毯まめ知識

イランでは、来客があるとシナモン紅茶を振る舞います。そんな場合に紅茶をこぼしてしまうことも良くあります。そのようなときは、タオルである程度水分をとった後ヨーグルトをのせ時間を置きます。その後、毛並みの方向にヨーグルトをスプーンで取り除き、水分を含んだタオルでヨーグルトを取り除きます。 ギャッベの柄:財産の象徴である山羊はこんなことにも役立つのですね。ちなみに日本式は、塩をかけ水分を色味ごと塩に移すやり方が衣料品などの処置で一般的です。

 

■長年のお手入れ

長年ご使用いただいた汚れが気になる際にはクリーニングを依頼したいとお考えになる方も多いと思います。クリーニングに出す時は専門の業者に頼むようにしてください。玄関マットなどの小さめのギャッベでしたら、ご家庭で洗うこともできます。
水(お風呂の残り湯は冷ましてから)を使って洗い流し、ウール用洗剤(中性洗剤)またはノンシリコンシャンプー(ベビーシャンプーなど)を薄めたもので、ブラシ(毛の粗いもの)を使い毛並みに沿ってブラッシングし汚れを落とします。汚れた液が出なくなるまで何度も水で流したら、水気をきり天日干して表と裏どちらも完全に乾かします。完全に乾燥するには時間がかかりますので、時間に余裕があって天気が良い日を見計らってお手入れするようにしてください。
ご自身でのお手入れの不安な方はクリーニング店にギャッベ(ウール絨毯)と伝えご相談なさって下さい。
絨毯専門のクリーニングをご希望の方はこちらへお問合せください。
*クリーニングの目安:靴で踏むところでご使用の場合は、3年〜5年に一度。土足で使用しない場合は、5年〜10年に一度、汚れの具合や使用していらっしゃる方の感覚で上記を目安にして頂ければと思います。

Chouette!ではこだわりのギャッベを通信販売しております。ぜひご家族のリビングやご自分のお部屋をオシャレに演出してくれるマットとして、大切な人へのプレゼントとしてお買い求めください。また、大切なペット専用としてもご好評いただいております。ご購入の際には民族的なデザイン性が高いだけでなく触り心地の良いラグマットを上記のようにお手入れをしていただけますと、長くご愛用いただけます。